観光地

八角寨

八角寨観光地は崀山観光名勝区の南側に位置し、主峰の斜めで伸ばしている八の角で名を得た。観光地の延べ面積は7.17平方キロメートルである。八角寨の主峰は鶏群の一鶴のように目立っている、典型的な丹霞方山に属し、海抜は818メートルで、崀山の観光名勝区で一番高く優れた観光台となった。三面に絶壁があり、東南側だけに曲がっている小道がある。山頂から見下ろすと、山々がそびえて、縦横の穀間があり、形態が豊富で、活き活きした気がみなぎる。晴れの時に、青空、白い雲、緑の木、丹崖が一体になり、気勢が雄大な天然の絵卷を構成している;霧がある時に、山並みは雲海に隠されて、見え隠して、千匹の鯨が海に泳ぎいているように見える。山頂に北宋時代の古いお寺である雲台寺があり、その中に、現地の抗金名将である楊再興氏の像が造られて、線香が絶えていない。
八角寨観光地は、高大で、丸い密集式丹霞峰の地形観光地を特徴とし、国内外専門家より、「壮年期の丹霞峰の地形の優れた代表」と「中国丹霞地形の主要タイプと基本特徴のモデル地」となりました。観光区の中に「鯨魚闹海」、「群螺観天」、「神斧降龍」、「龍頭神香」、「仙人下棋」、「天門中开」などの名勝観光区があり、丹霞地貌研究専門家と陳国達院士より「丹霞の魂、国の貴重な宝」と評価された。

辣椒峰

辣椒峰観光地は崀山丹霞象形景観密集区として、密集的な丹霞峰の優れた代表で、完璧に崀山丹霞の発育演化メカニズムと過程及び非常に特別な丹霞の自然の美しさを表現している。延べ面積9.62平方キロメートルで、主な観光地は辣椒峰、駱駝峰、林家寨、鹅公寨、蝋燭峰、一線天、龍口朝陽などがある。

駱駝峰は三面が険しい丹霞石峰象形景観で、峰の頂上の高さは約188メートルで、長さは约273メートルである。北側から見ると、駱駝の頭が丸く、峰が聳えて、まちまちしているし、構造がはっきりし、生き生きしているように見える。駱駝峰の周りの蝋燭峰は高さ199メートルで、長さは約400メートルで、赤い蝋燭のように見える。その東侧の険しい麓に巨大な傾斜区な岩石の割れ目があり、長さは約100メートル、深さは約50メートル、幅は約0.4-1.8メートル、巨大な龍が東方に向いて傾斜60度の口が開いているようで、朝陽が入って、輝いている。

駱駝峰の頂上へ行くと、遠くまで見て、延々と続く起伏している丹霞峰、まちまちしてる丹霞峰の頂上、綺麗で精緻な丹霞峰体、険しい丹霞赤壁がお互いに補い、刚柔が兼備している。閃きの丹霞の連峰、素朴な住民の家、伝統的な農耕活動、室かな田園風光と妙に一体化になり、お互いに映って、人間と自然の調和が取っている美しい絵卷になった。

夫夷江

夫夷江の発祥地としての広西猫児山は崀山の母親川である。川の水が澄みきっていて底まで見え、鏡のように缓やで、水の面の幅は約100メートルで、一番狭いところは約70メートルで、両岸には奇峰异石,岩柳连绵,芳草争妍。主要景点有将军石、无影州、長堤柳岸、崀虎啸天、玉石巷、团鱼石、軍艦石、啄木鸟石、婆婆岩、笔架山、万古堤防、莲潭映月等。面积24.93平方キロメートル。

完全に自然な将軍军は夫夷江の東側の穏やかな山に聳えている。丹霞地形が晩年期まで発育した丹霞の石の柱で、高さ75メートル、周りは約40メートルで、遠くから見ると、身に戦争服をかけて、仰天で長く叫んで、虎のように力強くなる将軍みたいで、夫夷江の守護神のように見える。生き生きしている啄木鳥石の高さは90メートルで、啄木鳥は穴をつついて、虫除けしているように見える。気勢が雄大な軍艦石は、東西側に横断し、頭をもたげて夷江を見ているみたいである。緑の水に船があり、愛情の歌でお互いに歌っている。青い山と緑の木や畑が盛んでいる。緑の水の中に漂っている。奇妙な峰と異なっている石の間にくねくねしている。水と山の風景は一体になり、観光客は魚と鳥と楽しく遊んで、風がそよそよと吹き、碧水が揺れて、船は江の中に行き、人は絵の中に観光しているみたいである。

天一巷

「巷谷と線谷が発育し、且つ規模が広大である」ということはこの観光区の一番大きな特色である。1平方キロメートルが足りないが、九つの「一線天」が発育されて、主に天一巷、遇仙巷、馬蹄巷、遇仙橋、仙人橋、百丈崖、月光岩などがあり、延べ面積は6.50平方キロメートルである。

「天下第一巷」は典型的な丹霞巷谷で、長さ238.8メートルで、両側の石壁は高さ80~120メートル、一番広いところは0.8メートル、一番狭いところは0.33メートルで、両側の絶壁が対峙し、刀で削っているほどまっすぐしている。頭を上げると、「一線の青空」しか見えていない。身を谷の中に置くと、タイムチャンネルの旅人のように感じられる。険しさと美しさの魅力が体験できる。中科院院士、中南大学一級教授、地洼学説の創始者である陳国達氏は自筆で「天下第一巷」と書いた。それに、縦横に交錯する馬蹄巷、遇仙巷、翠竹巷などがあり、巷が狭く静かで、両側の緑の竹が生き生きし、遊びに夢中で帰ることを忘れる;覧月梯で一段一段に上がると、九日に月を抱いているように感じする。七階の藏天洞へ行って、望江楼に立つと、無数の美しい風景は眼の前に出ていて、「江山はかくも美しい」と感嘆させる。

紫霞峒

峒は岩洞ではなく、周りに山と石から囲んで、一方に出入りできる裂け目がある盆型の谷地である。紫霞峒は曲がっている谷で、周りに赤い壁と丹崖があり、夕陽がが斜めで照らし、千万の霞の光があり、紫気が昇っているため、その名を得た。

紫霞峒観光区は紫霞宫、万景槽、紫微峰、紅華赤壁、烏雲寨、劉華軒墓、紫霞轩、将軍墓、象鼻石、紅瓦山などの20箇所の観光地を含めて、延べ面積は3.80平方キロメートルである。峒の中の環境が綺麗で、植物が茂っている。山の石が奇妙で、峰が曲がり道がくねるようで、峒が静かで、川もあり、象形の山と石、宗教のお寺を特色とする。長さ700メートルの紅瓦山である丹霞大赤壁は、平均高さ100メートル以上で、崖壁が炎のように赤く、非常に雄大で、穴が一杯あり、風景が様々ある。紫霞宫は明時代の嘉靖年(1522-1566)に建てられて、湘(湖南省)の西南仏教聖地で、線香が立ち上がっている。昔から現在まで、線香を焼き、おみくじを引くものは絶えず、叩けよさらば開かれんといわれる。天下の七十二の仏教勝地の一つである。観光台へ上げて、遠くまで眺めると、たくさんの山が曲がって、崀山まで一望に収められる。

天生橋

主な観光地は天生橋、水波巷、小穿岩、斜陽谷、龍涎壁、米筛寨、溜瀑崖、白面寨、白雲寺、新石器遺跡、狗頭石の16箇所あり、延べ面積は約9.77平方キロメートルである。盆溪水の中下川は曲流峡谷へ入って、流水による侵蝕と重力崩壊が明らかである。

丹霞の巨石の崩壊によって、単孔石橋である湯家ダムである天生橋を構成されて、橋のスベンの長さは64メートルで、アーチの高さは20メートルで、橋の幅は14メートルで、厚さは5メートル、内アーチの構造が整っているが、凸凹がなく、橋の色が赤く、気勢が雄大で、細工が巧みである。水波巷の底部の瓯穴漩淵があり、地殻は間接にゆっくり上がっているところで、水の流れによる岩層へ下ろし切っている程度は横蝕より大きく、一部で基準面へ侵蝕している。湯家ダムは低い山における曲がっている流水段に位置し、谷の壁は彫刻形態のように見えて、静かな谷まで発育している、丹霞の風景の中に特に目立っている。