八角寨

八角寨観光地は崀山観光名勝区の南側に位置し、主峰の斜めで伸ばしている八の角で名を得た。観光地の延べ面積は7.17平方キロメートルである。八角寨の主峰は鶏群の一鶴のように目立っている、典型的な丹霞方山に属し、海抜は818メートルで、崀山の観光名勝区で一番高く優れた観光台となった。三面に絶壁があり、東南側だけに曲がっている小道がある。山頂から見下ろすと、山々がそびえて、縦横の穀間があり、形態が豊富で、活き活きした気がみなぎる。晴れの時に、青空、白い雲、緑の木、丹崖が一体になり、気勢が雄大な天然の絵卷を構成している;霧がある時に、山並みは雲海に隠されて、見え隠して、千匹の鯨が海に泳ぎいているように見える。山頂に北宋時代の古いお寺である雲台寺があり、その中に、現地の抗金名将である楊再興氏の像が造られて、線香が絶えていない。
八角寨観光地は、高大で、丸い密集式丹霞峰の地形観光地を特徴とし、国内外専門家より、「壮年期の丹霞峰の地形の優れた代表」と「中国丹霞地形の主要タイプと基本特徴のモデル地」となりました。観光区の中に「鯨魚闹海」、「群螺観天」、「神斧降龍」、「龍頭神香」、「仙人下棋」、「天門中开」などの名勝観光区があり、丹霞地貌研究専門家と陳国達院士より「丹霞の魂、国の貴重な宝」と評価された。