歴史と文化

崀山の歴史が長く、文化が豊富で、今まで約4000年の白面寨新石器遺跡や、歴代農民蜂起の古代戦場である城や、江南の明時代と清時代スタイルの住民建築群や、色々な清末時代の重要な大臣である霊廟と墓や、中国体育非物質文化遺産である新寧岩鹰拳、湖南省非物質文化遺産である新寧八峒瑶族「跳鼓壇」などを代表とする豊富多彩な民族民風がある。昔から、文人墨客たちは崀山のために人口に膾炙す詩を書いて、北宋時代の哲学家、散文巨匠である周敦颐氏とその学生たちは新寧へ見学した時に、夫夷江の岸の石壁に「万古堤防」と書いて、『愛蓮説』という作品を書いた;有名な詩人である艾青氏は「桂林の山水は世界一、崀山の山水は桂林より素晴らしい」と感嘆した。有名な経済学者の歴以寧氏は「崀山に特に奇妙な峰があり、武夷の独占になれず」と言った。崀山の革命歴史が長く、1930年に、鄧小平氏、張雲逸氏なども蜂起チームをリードして、崀山で一ヶ月ぐらい革命の活動をして、色々な歴史文物と革命足跡が残された。