天一巷

「巷谷と線谷が発育し、且つ規模が広大である」ということはこの観光区の一番大きな特色である。1平方キロメートルが足りないが、九つの「一線天」が発育されて、主に天一巷、遇仙巷、馬蹄巷、遇仙橋、仙人橋、百丈崖、月光岩などがあり、延べ面積は6.50平方キロメートルである。

「天下第一巷」は典型的な丹霞巷谷で、長さ238.8メートルで、両側の石壁は高さ80~120メートル、一番広いところは0.8メートル、一番狭いところは0.33メートルで、両側の絶壁が対峙し、刀で削っているほどまっすぐしている。頭を上げると、「一線の青空」しか見えていない。身を谷の中に置くと、タイムチャンネルの旅人のように感じられる。険しさと美しさの魅力が体験できる。中科院院士、中南大学一級教授、地洼学説の創始者である陳国達氏は自筆で「天下第一巷」と書いた。それに、縦横に交錯する馬蹄巷、遇仙巷、翠竹巷などがあり、巷が狭く静かで、両側の緑の竹が生き生きし、遊びに夢中で帰ることを忘れる;覧月梯で一段一段に上がると、九日に月を抱いているように感じする。七階の藏天洞へ行って、望江楼に立つと、無数の美しい風景は眼の前に出ていて、「江山はかくも美しい」と感嘆させる。