天生橋

主な観光地は天生橋、水波巷、小穿岩、斜陽谷、龍涎壁、米筛寨、溜瀑崖、白面寨、白雲寺、新石器遺跡、狗頭石の16箇所あり、延べ面積は約9.77平方キロメートルである。盆溪水の中下川は曲流峡谷へ入って、流水による侵蝕と重力崩壊が明らかである。

丹霞の巨石の崩壊によって、単孔石橋である湯家ダムである天生橋を構成されて、橋のスベンの長さは64メートルで、アーチの高さは20メートルで、橋の幅は14メートルで、厚さは5メートル、内アーチの構造が整っているが、凸凹がなく、橋の色が赤く、気勢が雄大で、細工が巧みである。水波巷の底部の瓯穴漩淵があり、地殻は間接にゆっくり上がっているところで、水の流れによる岩層へ下ろし切っている程度は横蝕より大きく、一部で基準面へ侵蝕している。湯家ダムは低い山における曲がっている流水段に位置し、谷の壁は彫刻形態のように見えて、静かな谷まで発育している、丹霞の風景の中に特に目立っている。