夫夷江の漂流

夫夷江の筏漂流はとても面白く、船が緑の水に漂っている、お互いに愛情の歌を歌って、両岸に青山と緑の木があり、のんびりに緑の水の中に漂っている。奇妙の峰と面白い石の間にくねくねしている;そのときに、水と山の風景は一体になり、観光客は魚と鳥と楽しんでいる。風がそよそよと吹く,碧水が揺れて、船が川の中に行って、人が得の中に観光しているように、世の中のいずれかの悩みでもまったくなく、「その風景は空のみに存在してないが、人間は何回で見えるか」と感じられるのであろう。